乳酸菌が花粉症に効く

花粉症と乳酸菌。一見何か関係があるようには見えません。しかし、乳酸菌を摂取することで花粉症の症状が軽減できる可能性があるのです。
乳酸菌が入っている代表的な食品として、ヨーグルトがあります。また、納豆や味噌、漬物などの発酵食品にも含まれている菌です。乳酸菌で有名なのは、お腹の調子を整える整腸作用で、便秘や下痢などを改善してくれる効果があります。しかし、乳酸菌には他にも多くの効果があると言われています。
人間の腸の中には100種類1兆個もの腸内細菌が住んでいると言われています。そこには身体にとって有用な働きをする善玉菌、身体に悪影響を与える悪玉菌があり、互いに腸内で勢力を広げようとしています。乳酸菌も善玉菌の一種です。腸内で悪玉菌が優勢な時には、便秘や下痢を引き起こしたり、体内に有害な物質を作り出すことで肌荒れやがんをも引き起こすと言われています。逆に善玉菌が優勢な時には便秘や下痢を改善してくれたり、免疫機能をアップさせてくれるのです。腸は身体の中の最大の免疫器官とも言われていて、人間の身体に有害なものを吸収せず、体外に排出しなければなりません。悪玉菌の働きで腸内がアルカリ性になると、免疫機能が上手く働かなくなります。逆に善玉菌によって腸内が酸性になると腸の免疫の仕組みを刺激して、免疫の働きを活性にしてくれるのです。乳酸菌を摂取し腸内の善玉菌が増えることにより免疫のバランスが改善されると、花粉症の人の目や鼻の痒みが軽減されたというデータもありのです。
症状改善のためにヨーグルトなどから乳酸菌を摂取することは有効ですが、多くの量を一度に食べて終わりというわけではありません。毎日乳酸菌を摂取することにより、腸内環境を善玉菌優勢な状態に保つことが重要です。
■これさえあれば花粉なんて怖くない
アレグラが辛い季節を忘れさせてくれました
■花粉症と戦いましょう
花粉症治療薬